九品山 唯在念佛院 浄真寺(淨眞寺)

九品仏浄真寺

九品仏浄真寺 写真

正式名称は「 九品山 唯在念佛院 淨眞寺(浄真寺) 」
九躰(九品)の阿弥陀佛をご安置している事から「九品仏」として知られております。

歴史・縁起

延宝六年(1678)徳川幕府より奥沢城跡地を賜り創建。数多くの災害や戦火を逃れ、創建当時を現在も残しております。

開山 珂碩上人

衆生救済の為、江戸時代の高僧である珂碩上人は、九躰の阿弥陀佛像と一躰の釈迦牟尼佛像を造立し、淨眞寺を創建しました。

九品の阿弥陀如来

生前の行いにより九段階の来迎往生を説いた「観無量寿経」に基づき、九種の印相を結び三仏堂に奉安されています。

龍護殿と二龍伝説

珂碩上人済渡の二龍伝説に由来し、龍護殿内陣の二柱に供養された二龍は、当山の守護龍神としてお祀りされております。

さぎ草物語

当山創建以前にあった奥沢城の時代、城主の娘常盤姫の悲話に基づく物語です。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
PAGE TOP